それぞれの職場の特徴を理解しましょう!

薬剤師アルバイト > 薬剤師の転職先としてみた、業態別の長所と短所

薬剤師の転職先としてみた、業態別の長所と短所

薬剤師として転職をしようと考えた場合、現職とは業態が異なる勤務先への就職は不安材料が多いことと思います。そこで、このページでは転職先としてみた場合の、業態別長所・短所を簡潔にご紹介していきましょう。

病院薬剤師:病院薬剤師の大きなメリットは、専門的な知識や経験、スキルが身につく点にあります。注射やNST、チーム医療への参加などは、調剤薬局やドラッグストアでは経験できない業務です。 デメリットとして挙げられるのは、初任給が安く、給与の上昇も比較的緩やかであるという点でしょう。

給与水準は一般的な企業のサラリーマンと同等か、若干良い程度ですが、薬剤師になるまでに投資した時間と費用を考えると、コストパフォーマンスが悪い、と考える方も多いようです。 とはいえ、安定性は抜群の業態のため、給与よりも安定した生活を重視する人には向いていると言えるでしょう。

調剤薬剤師:調剤薬剤師の長所は初任給が高く、比較的時間に余裕のある勤務形態であるという点が挙げられます。拘束時間が9時~17時/18時といった所も少なくなく、福利厚生(家賃補助や交通費支給など)が充実している調剤薬局も多いようです。

短所として挙げられるのは、良くも悪くも女性中心の職場になるため、密な人間関係が面倒に感じることが多い、という部分です。とはいえ、薬剤師は女性比率の高い職種のため、調剤薬局に限ったデメリットとは言えないという一面もあるでしょう。

ドラッグストア:ドラッグストアの長所は、主体性を持った仕事ができるため充実感を感じることが出来るという点が挙げられます。自分で売りたい・お勧めしたい商品を仕入れることができ、商品配置やPOP作成などの裁量権もあります。

また、売り場が広く、アルバイトやパートの方の割合が高いこともあり、人間関係がシンプルで働きやすいという面もあります。 一方で、売上げや利益率など、数字の面で厳しいという短所もあります。

売上げが伸びなければ責任を追及されることもありますし、給与に反映されるケースもあります。 また、正社員ともなると、商品納入や配置などの重労働が当たり前となり、拘束時間も朝8時~よる22時というのが一般的なため、他の業態と比較すると、精神的にも肉体的にも負担が大きい職種と言えます。