リンパマッサージで脚むくみ解消

脚のむくみは、体内の血液がリンパ管に浸出して細胞組織に溜まることによって起こります。 このリンパの流れを促し、脚のむくみを解消するにはリンパマッサージが効果的です。 リンパマッサージは、リンパ管の流れに沿ってハンドマッサージを施すことにより、体内に滞留している不要な水分や老廃物を押し流して体外に排出するというものです。

リンパ管は人間の体に静脈のように張り巡らされている管で、そのところどころには「リンパ節」という大豆程度のサイズの小器官があります。 このリンパ節は全身に約800個あり、リンパ液に含まれた毒素や異物を捕食して免疫応答を行なう役割をもっています。 リンパマッサージを行なうときは、このリンパ節に向かってリンパ液を流すようにすると効果的とされています。

主なリンパ節の場所としては、鎖骨、脇の下、アゴの下、腹部などですが、脚部には「そけいリンパ節(脚の付け根)」と「膝窩リンパ節(ヒザの裏側)」があります。 脚のむくみ解消のためのリンパマッサージでは、この部分のリンパ節を意識して行なうことが大切です。 次に、自宅でも手軽にできる、脚のむくみ解消リンパマッサージのやり方をご紹介していきます。

(1) 手のひらを使って、脚の付け根にある「そけいリンパ節」の部分を優しく約10秒間くらい押します。 (2) 手のひらをいったん離し、次に「そけいリンパ節」に再度手のひらを当てて、外から内側に向けてリンパを流すイメージで優しくマッサージします。 (3) ヒザの裏にある「膝窩リンパ節」を両手の指で優しく約10秒間くらい押します。 (4) 指をいったん離し、ヒザの表側の中心から裏側に向かって指と手のひらでリンパを流すように優しくマッサージします。 (5) 両方の手のひらで足首を包み、ヒザに向かってリンパを流すイメージで優しくマッサージしていきます。 (6) 同じく両方の手のひらで、膝裏から股関節へとリンパを流すイメージでマッサージします。 (7) 太ももの付け根にある「そけいリンパ節」にリンパを流し込むイメージでマッサージを行ない完了です。

メニュー

ページの先頭へ