自分に合った職場を選びましょう!

薬剤師アルバイト > 病院、調剤薬局、ドラッグストアにおける業務内容の違い

病院、調剤薬局、ドラッグストアにおける業務内容の違い

病院薬剤師は、一般的に外来担当と病棟担当に分けることができます。外来担当の場合は、外来窓口(受付など)で患者さんに薬を手渡しながら服薬指導などを行うこととなりますが、病棟担当の場合は、入院患者のベッドサイドで薬を渡しながら、服薬指導や病状の確認、質問や相談に対する対応などを行います。

また、病棟担当の場合は、注射薬のアンプル作成や、チーム医療における医師・看護師とのやりとりも重要な業務となります。

これに対して、調剤薬局に勤務する調剤薬剤師の業務は、患者さんの持参する処方箋に基づいた調剤や、薬の販売時における服薬指導、医薬品管理、在庫管理などとなります。 また、処方箋に疑問点があった場合などは、処方箋を発行した病院・ドクターへ連絡をし、疑義確認を行います。

また、ドラッグストアに勤務する薬剤師の主な業務は、大衆薬(OTC)の説明・指導・販売、日用品・雑貨の仕入れと販売などとなります。最近は、ドラッグストアでも調剤室を併設している所が増えてきており、そういった勤務先に勤める場合は、調剤薬局同様の業務を加わります。

さらに、ドラッグストアに勤務する薬剤師の多くは、幹部候補や店長という待遇になるため、薬剤師としての仕事だけでなく、従業員の管理・指導、医薬品や日用品・雑貨の在庫管理、売れ筋商品の分析・仕入れなども重要な仕事となります。

この様に、病院・調剤薬局・ドラッグストアそれぞれで、薬剤師が携わる業務は大きく異なります。 そのため、勤務先を決定する場合は「自分がどのような業務を主体に行いたいか」「仕事を通して、将来的にどのようなスキルや実績を積みたいか」という点を明確にしておくことが必要となります。

さらに、病院や調剤薬局、ドラッグストアの間には、給与面・待遇面・勤務形態でも大きな違いが見られます。これらの中で、自分が譲れない点・妥協できる点を見極めることも、自分に合った勤務先を決める上で非常に重要となります。